建売り住宅を購入する時の決めては土地

私は建て売り住宅を購入したのですが、一番こだわったのはその土地の場所でした。
おそらく一生住み続けることになるので、まわりにどんな人が住んでいるか、子供たちが通う小学校や中学校はどんなか。
どこの自治会に属していて、どういう活動をしているのか調べました。
十数年住めばリフォームすると考えれば、建屋は二の次でした。

住宅地の中にある建売り住宅だったので、まわりには住民がたくさんいました。
街の雰囲気知るために、朝、昼、晩、平日、土日と、街の様子を見に行きました。
すると、夜は静かで、街灯は明るい。昼間は子供たちの賑やかな声が聞こえる。など、街の普段の様子がわかりました。
また、最寄りの駅やバス停、コンビニやスーパー、病院が家からどのくらいの距離にあるのかなども調べました。
実は建屋自体には少し不満(収納が少なくて)があったのですが、街の雰囲気がよくてここに決めました。

もし、土地はいいけど建屋はがいまいち…と悩んでる人がいれば、その家は買うことをおすすめします。土地はなかなか移れないけど、建屋の不便は自分の工夫で乗り切れますよ。