新築購入の際は、どこに何をしまうかも大事

私は注文住宅で家を建てましたが、間取りを考えるときに重視したことは、クローゼットや納戸など収納スペースを多く確保するということです。
現在は、夫婦と1歳児の3人で暮らしていますが、子供が大きくなるにつれて、物はどんどん増えていくと思います。
収納スペースをきちんと確保することで、居住スペースがすっきり広く使えると思います。

間取りを決めるときに、畳スペースは欲しいと思っていました。
それを踏まえてハウスメーカーの設計担当の方が間取りを提示してくれましたが、最初の提案の中には、畳スペースに床の間がある間取りでした。
そこで、床の間は止めてそのスペースを収納棚にしてもらいました。
また、玄関を入ってすぐのところや、キッチンの脇など、ちょっとしたスペースを全て棚を付けた収納にしてもらいました。2
階には納戸、ウォークインクローゼットがあります。そのおかげで、手持ちの衣類はそのクローゼットに吊るしたり、衣装ケースに入れるなどして、箪笥などの大きな家具は置かなくても全て収めることができます。

収納は多くあって困ることは無いと思います。ちょっとしたスペースに物が置けたり、しまえる場所があるだけで、部屋の使い方が変わってくると思います。