外壁材のグレード

建物の雰囲気を大きく左右する外壁材ですが、どんな外壁材が良いのか判断しにくいと思います。そんな方のために判断基準をお伝えしたいと思います。

洋風な戸建住宅:窯業系サイディング板
和風な戸建住宅:モルタル壁
スタイリッシュな戸建住宅:金属サイディング板
です。

窯業系サイディング板は、非常に人気がある外壁材です。コストパフォーマンスと見た目、性能のバランスが非常に良いです。さらに、予算に余裕がある方は「ALC板」にグレードアップすることをおすすめします。断熱性能や耐久性がぐんと高くなります。

モルタル壁は、和風な住宅にオススメです。また、屋根には和瓦が絶対オススメです。和瓦は簡易的な補修をするだけで半永久的に使うことができる優れた屋根材です。モルタル壁も腕の良い職人が仕事をすると非常に長持ちをします。オススメな仕上げはジョリパットの小手仕上げが意匠性が高いのでオシャレな仕上げになります。

金属サイディング板は、モノトーンやスタイリッシュな戸建住宅を望む人にオススメです。金属の質感と模様がデザイナーが作った家のようになり、ハイセンスな見た目です。

外壁材は、15年程度経つと必ず塗り替えをするメンテナンスがあります。そのときに、どのような外壁材なのかによってメンテナンスの方法が変わりますので、必ず製品名を控えておきましょう。